▼Menu
製品紹介
モノづくり
環境取り組み
お問い合わせ
リンク
TOPへ
 
弊社の歴史
昭和8年
合資会社堺伸銅所として発足
昭和22年
株式会社 堺伸銅所として組織変更
昭和29年
銅・黄銅管の一貫製造を開始。溶解炉などを新設
昭和40年
多本ドローベンチや各種合理化設備を導入

東洋機器(現TOTO株式会社)様との取引開始

水洗機器関連の黄銅管専業とし、組織を再編
昭和55年
鰍hNAX様(現LIXIL)などメーカー各社と取引を開始
  代表取締役を現相談役 嘉瀬井達彦 が就任する
平成3年
仕上げ・製品工場を改築、ラインを新設
  ネジ加工などを新規設立し、製品分野を広げる
平成6年
ネジ加工転造機を新設し、各社へ販売開始する
平成10年
溶解工場を現工場 岡山工場に移設する
平成11年
製造(抽伸)工場を現工場 岡山工場に移設
平成12年
加工工場を岡山工場に移設し、工場3体を完全に移設する

堺事務所を南海本線堺駅近辺にて開設
平成13年
岡山工場を主体とし、組織の再編をする
平成14年
曲げ加工専門、八木製作所(前竹川製作所)と提携
材料から製品までを一部一貫販売し、潟^ブチ様と新規取引を行う
平成16年
第2期組織改編を行う
平成17年
加工工場出荷場所を増設
平成19年
加工分野を広げるためパイプベンダー、端末加工機を導入する
 平成20年 TOTO株式会社様へ転造ねじ加工品の納入を開始する
 平成21年 パイプ端末加工機を増設する
  TOTO株式会社様へ曲げ及び端末加工製品の納入を開始する
 平成22年 加工品増産のためCNCベンダーを導入する
 平成23年
株式会社LIXIL様(旧INAX)へ端末加工製品の納入を開始する
 平成25年
端末加工品増産のため、全自動パイプ端末加工機を導入する
平成25年 新規加工品拡販のため、3次元自動CNCベンダーを導入する
平成26年
4月1日より 代表取締役に 嘉瀬井 毅 が就任する

   
   
会社概要 / 製品紹介 / お問い合わせ / リンク